10月 3日

新人が社員研修で得られるもの!社会人生活が楽になるポイント!

新人が社員研修で得らるものの大きさ

新入社員が社員研修を受けないで会社に放りこまれることを考えてみると、社員研修の大切さがわかります。マナー、言葉遣い、電話応対、名刺交換などの一般的な社会人としての常識がなければ、新人が会社になじむまでにはかなり時間がかかってしまうのです。その点を社員研修で行うことができれば、入ってきてから仕事ができるようになるまでの時間が短縮されます。新人にとっては社員研修で得られるものはとても大きいのです。

新人の社員研修に取り入れらるべきは常識

新人が会社に入って困ることの多くは社会人にとっては常識的なことの場合が多いです。スーツの着方から仕事の仕方に至るまで社会人を経験した人にとっては当たり前のことが多いからです。ですが、常識を知らない新人からすれば未知の領域でしょう。この差を埋めてあげることができれば、新人が仕事を始めても問題になることが少なくなります。先輩に仕事を教えてもらえるコツなども新入社員の社員研修にとりれるといでしょう。会社に入ってから覚えることの方が多いですが、スタートラインに立てるようにするのが社員研修の役目なのです。

新人の常識を否定することも大事

新人が培ってきた常識と社会の常識とは違う場合が多いです。その差を新人の社員研修ではっきりさせることも大事です。社会に出たら通用しない常識を自分の常識として持っている人が多くいますので、その点は否定しておく必要があります。それが分かっていないと仕事をし始めてから周りとぶつかる原因になるからです。会社で通用する常識を社員研修で覚えてもらえれば、仕事を始めてから苦労する点が一つ取り除かれます。

管理職研修は管理職として部下を管理監督する職員に対してなされる研修で、知識を与えるほか、管理職としての自覚を持たせるために非常に重要な研修です。