9月 29日

全世界の人々に情報を提供したい!?サイト翻訳はHTML納品が主流です

翻訳会社が可能な言語と訳文の種類

翻訳会社は日本語から英語などのように、原文とは異なる言語で訳文を作成する仕事を行っています。

対応可能な言語は、翻訳会社により異なるので、原文や翻訳を行う言語を対応している会社を選ばなければなりません。

日本語を英語にするだけであれば、日本の翻訳会社であれば100%可能にしていますが、特殊な言語に翻訳する場合には、限られた会社のみが行える領域になります。

尚、翻訳は原文の理解力が必須の作業です。

日本人の翻訳者であれば日本語で書いてある原文の理解は出来るとイメージする人も多いのではないでしょうか。

例えば、原文が法律に関わる事などの場合、日本語の理解が出来ても、原文に何が書いてあるのか分からないわけです。

そのため、訳文の種類に応じて翻訳会社を選ぶ事も大切です。

言語により表組が崩れてしまう事もあります

ウェブサイトの翻訳の場合、サイト内に書かれている内容の理解が出来る、そして希望言語の翻訳が可能な翻訳会社に依頼をすれば日本語ページと英語ページなどの製作が出来ます。

しかし、日本語のウェブページと英語もしくはその他の言語のウェブページは、表組が崩れてしまうケースもあります。

日本語は「リンゴ」などのように3つの文字を組み合わせて表現を行い、英語など場合は「Apple」などのように単語単位になります。

文字数が異なるので、単純にHTMLを修正するだけでは無理が生じる事もあります。

英語やフランス語、ドイツ語などには単語の途中で区切りを入れる事が出来るハイフネーションを持ちます。

翻訳会社の大半は、HTMLを直接修正して納品してくれるので、適切な位置でハイフネーションを入れて製作を行ってくれます。

HPをアクセス解析サービスで解析し、国別のアクセス解析データで一般的なサイトよりも海外アクセスが多い場合は、サイトを多言語サイト化させないとサイト規模向上という観点では大きな機会損失になります。