9月 28日

アウトソーシングの営業代行で得る利点を知ろう

固定人件費を削減できる

営業活動は時期によって忙しさが違います。例えば新製品を売り出すためのキャンペーンを行うとなれば、多くの営業人員が必要になります。その度に人員補給を行うとなれば、コストがかなり必要となってしまいますし、その教員の手間もかかります。けれども営業代行サービスを利用する形でアウトソーシングすれば、必要な時に欲しいだけの人員を確保できるようになります。

自社の弱みをカバーできる

例えばテレアポに関してのスキルが不足しているとします。人員を増やしても、自社にそのノウハウがなければ教育しても効果は期待できません。けれどもアウトソーシングにより営業代行サービスを利用すれば、その弱点を補強することができます。さらにその活動を見ることで、ノウハウを吸収することも可能です。このように営業活動の中で不得手とする分野を代行サービスに頼むことで、成果を出してもらうと共に会社の営業力も高まるようになります。その上で自社のスタッフは得意分野に注力できるというわけです。

顧客のフォローができる

会社を立ち上げたばかりの頃は、新規の顧客開拓には力を入れますが、そのアフターフォローにまでは手が回らないものです。そこで営業代行サービスでフォローを頼むことにより、リピーターとしても確保できるようになります。電話やメールで定期的にコンタクトを取ってもらうことで、長く取引できるようにするわけです。このようにアウトソーシングを活用することで、自社のスタッフは新規の顧客を増やすことに専念できるようになるわけです。

営業代行では、必要な時だけ営業を強化できる他、社員教育の手間も省けるため、コスト削減を図る上で大変有効です。