12月 27日

企業が生き残る手段!M&Aを使ってみよう

合併と買収を行うのがM&A

M&Aは2つの言葉を組み合わせた造語で、Mergers合併とAcquisitions買収という意味を持っています。企業が合併や買収を行う時に使われる言葉でビジネスでは定着しているのが特徴です。
主に企業が生き残るために使う手段なので経営に行き詰まっている方や後継者が見つからない時に使えるでしょう。元々海外で始まったもので日本では近年注目を浴びた手段です。
日本では1997年に独占禁止法の改正や1999年の株式交換や移転制度の導入によってM&Aを行う企業が増加しています。企業が他の会社を買収することにより買収をした会社が築いた市場をそのまま使う事が可能です。一から市場開拓をする必要がないのでスムーズに商売をすることができます。
また会社規模を大きくする事ができるのも強みです。会社そのものを買取るだけでなく一部門のみ買収するといった方法も利用できます。うまく行かなくなった部門を切り離すことでコスト削減をする事が可能です。

専門会社を使うと安全

企業がM&Aを行う時大事にするものは双方合意のうえでの契約です。これが出来ていないと買収や合併をしてもうまく会社を運営することができなくなってしまうので大変といえます。安全にM&Aを行いたいなら仲介役の業者を利用するのがいいでしょう。
こちらはM&Aをしたい人に対応するサービスで要望を聞いて適切な会社を探してくれます。また中間部分に入って相談や交渉を行ってくれるのでスムーズに買収や合併を出来るのが特徴です。

M&A」とは、企業の合併買収のことをいいます。企業の存続と発展を実現させるための効果的な戦略として行われます。