12月 27日

どこがどう違うの?青色申告と白色申告を解説!

青色申告は事前の届け出が必要

青色申告の特徴は、事前に税務署に対して開業届と青色申告承認申請書を提出していないといけない点です。提出期限も決められているので、青色申告を利用する人は期限を守って必要な書類を提出する必要があります。

また青色申告の場合は申請の手続きや書類の内容がやや複雑になっている傾向があるのですが、その分納税額が少なく済みますし複雑な手続きの書式を利用すれば控除額も大きくなります。そのため節税効果が高いところがメリットなのですが、青色申告を利用できる人には一定の条件があるので誰でも利用できるわけではないようです。

白色申告は手軽な手続きが特徴

白色申告は青色申告と比較すると手続きや書類の内容が簡潔になっているところが特徴で、誰でも簡単に手続きができるようになっています。また青色申告の対象者として該当していない場合は全て白色申告で確定申告をするようになっているので、こちらが一般的な確定申告の書類として知られています。

また税務署に対しての事前の届け出も必要ないのですぐに手続きができるのですが、その代わり控除額が青色申告よりも少なく納税額も多いのでデメリットもある点を忘れてはいけません。

青色申告と白色申告の違いについて

青色申告と白色申告の違いとしては、主に手続きの手間があるかどうか、そして納税額や控除額などの節税効果があるかどうかが挙げられています。また確定申告を作成する際に必要な書類もそれぞれ異なっているので、自分がどちらの申告書の対象者なのかを把握した上でどのように手続きをすればいいのか確認しておくのが大切です。

青色申告とは、事業主が行う確定申告の種類のひとつです。用紙の色で白色と青色に分かれており青色の方が難しい帳簿が必要な分、節税などの特典を受ける事ができる。