12月 27日

クラウドを使おう!研修を簡便に行えるようにする方策とは?

社員研修を簡便にする秘策

社員研修は毎年必ず行わなければならないものや、新入社員の教育として必須なものがあるのは確かです。しかし、その実施に無駄に時間やコストをかけてしまっていると事業に大きな支障が生じてしまいます。社員研修をできるだけ簡便にするのは合理的ですが、それで効果が上がらなかったら意味がありません。この目的を達成するための合理的な方法として考えられるのがeラーニングの活用です。特に必ず実施しなければならない研修については社員が理解することを求める内容が多くなります。eラーニングではテキストを社員が個々に読み、理解度テストを行って合格したら研修が終了するというシステムにすることができるのが特徴です。そのため、簡便に行えるようにしながらも効果も上がりやすい仕組みになっています。

クラウドシステムの導入が便利

eラーニングを研修に導入するときにはクラウドシステムを活用するのが便利です。クラウドシステムであればユーザーアカウントを個々の社員に提供しておくだけで、誰もがいつでもどこからでもeラーニングを受けられるようになります。早急に研修を実施しなければならなくなったというときに長期出張に行っている社員がいても問題はありません。システムにアクセスできる環境さえあれば手持ちの端末からeラーニングを受けられるからです。その上、クラウド上にテキストとテストをアップロードし、個々の社員に通知をすれば実施を促すことができるので簡便な実施方法になります。

社員研修とは、社員に業務に関する内容を教育することです。例えば、領収書の発行の方法や自社製品やサービスの詳細を学びます。