12月 27日

自分の長所を見つけよう!適性検査を受けてから就職活動へ

自分の能力を見極める大切さ

適性検査を受けると客観的な指標から自分の能力について見つめ直す機会が手に入ります。就職活動を行うときには入社試験の一環として行われることもあるため、適性検査に慣れておくと有利になるのも確かです。就職活動をこれから始めるという場合にはまずは適性検査を受けて自分の能力を見極めておくのが大切になります。必要に応じていくつかの適性検査を受けて比較してみるのも良いでしょう。自分の長所や短所がわかると就職先でどのような仕事をするのが適切なのかがわかります。やりたいと思っていた仕事に実は適性がないとわかる場合もありますが、逆に自分では無理だろうと思いこんでいた仕事に適性が見つかる可能性もあるのが魅力です。

短所を補うよりも長所を生かす

適性検査を行うと自分の長所も短所も浮き彫りにされます。完璧な人間を目指そうと考えると短所を補ってから就職活動へ挑もうと考えてしまいますが、世の中で求められているのは完璧な人間ではありません。他の人にはできない役割を果たすことができる人材が求められているので、長所を生かすという視点で何を仕事にすべきかを考えるのが重要になります。あまりにひどい短所で社会適応性がないとなると問題になりますが、個性として捉えられる範囲であれば全く問題はありません。むしろ短所を補おうとして長所が見えづらくなってしまうと人材としての魅力が低下してしまいます。そのようなリスクを低減させるためにも、まずは長所を優先して就職先を考えるのが大切です。

適性検査とは、企業などが人材採用をする際に行う試験の事です。種類は様々で、イラストを使ったものや、マークシートで回答するものなどがあります。